ブログ

最新記事一覧

あれから19年

0501 2301

阪神大震災から今日で19年

あの日は翌日から関西の会社の友人と冬休みをとって雪山に行く予定にしていたのを覚えています。

想像を超える事態に状況が飲み込めず、携帯も持っていないあの頃、家族とも連絡が取れず大変だったことを思い出します。

あたりまえと思っている日常がこれほどまでに尊い事と、当事者になってしみじみ感じたあの日。

今ある平凡な毎日をあたりまえと思ってはいけませんね。

あの日、学生時代の友人も何名か不幸にあいました。

生きていること、生かされていることを忘れずに、毎日をもっと精一杯いきたいと改めて感じた一日でした。

写真は子供の頃から通っているスーパーと最寄り駅の写真です。

4年半前からこの街に戻って暮らしていますが、見違えるほどの復興を遂げています。

でも忘れてはいけませんね、人は生かされていることを。

フィットネスコンサルタント

魚井 幸生

ブログTOP